YouTube ガジェット バイク

バイクとカメラをかけ合わせると捗る

更新日:

カメラって趣味

みなさん、写真撮ってますか?

きっと毎日撮ってるんじゃないでしょうか。

スマホのカメラが高性能すぎてカメラメーカーがあたふたしてますが、ナビゲーションメーカーにしたり、スマホに飲まれちゃってるところってたくさんあるんじゃないですかね。だけど、世界全体で見れば、みんながいいカメラといいナビゲーションを使えるわけですから、僕はそれでいいと思います。この先ますます、越せないものと、越して行くものと、常に分かれますから。

 

で、ですね。

いい写真ってなんでしょう?

 

これ、いきなり僕なりに定義したいと思います。

いい写真とは、楽しい写真、とします。

 

構図がー、画質がー、はどうでもいいと思うんです。

撮ることが楽しかったり、撮ってる風景に楽しい思いが詰まっていたり、一緒に撮るひとたちと共有したい思いがあったり、シャッターを押すときにポジティブな気持ちであれば全部いい写真だと思います!

 

そこでですね、カメラってどこからが趣味なんでしょうか?

どこに境界線があるのでしょうか?

 

僕が思うに、スマホ以外にわざわざカメラ機材を購入した時点で、もはやそれは趣味という領域に入っているんだと思います。

スマホでいい写真撮れるのに、その一眼レフ必要ですか?そのレンズも本当にいる?

 

いるんです!!(←趣味)

僕のカメラ歴を赤裸々に話す(たいしてないけど…)

僕が写真を撮るきっかけは、カメラマニアの祖父の影響なんです。

おじいちゃんは、常にカメラを持ち歩いて、まだフィルムの頃だったけどパシャパシャと撮りまくってました。晩年、文化はもうデジタルに移行してましたが、彼はしっくりこなかったようで、フィルムにこだわってました。確かに最初の頃のデジカメは、冗談みたいな画質でしたから、カメラ好きにはしんどい代物だったんでしょう。

今の時代のカメラを触らせてあげたかったです。ミラーレスも信じられないかもしれないけど、SONY α9のブラックアウトせずに連写できちゃう構造も、感動したんじゃないかなー。

 

これ、欲しいんです(笑)

でも、僕は流し撮りもしないし、連写も必要ないし、他の機種が欲しいんです。

 

ここですね!

これこれ。バイクが如く、スペックに興奮して、あたかも遠足の前日のように、買うまでが最大のイベント(笑)こういうところが、カメラが趣味たる所以といいますか、漏れちゃうカメラ愛ですよね。

 

おじいちゃんの話はまた今度にして(笑)、僕の初めてのカメラは小学校の時でした。そんなおじいちゃんからもらったんですね。ポケベルもなかった頃ですから、”写ルンです”くらいしかありませんでした。ポラロイドはオシャレなものじゃなくて、ただ不便なものでした。とはいえ、子供の頃は無邪気にシャッターを押してただけですから、その頃に撮った写真は残っていません。デジタルだったらクラウドに残ってたんでしょうね!

そこから数年経って大学受験をした時に、一般受験以外に、一芸入試みたいなこともしたんだけど、作品として写真を提出したんです。白黒で雰囲気写真(笑)

MichaelGaida / Pixabay

結局その一芸入試みたいのは失敗して、普通の受験することになったんだけども、写真を撮るのが楽しいと気付いた時だったかもしれません。建築学科に入るために、建物や街並みの写真を撮って歩いたんです。今だったら、ポケットからiPhoneをサッと取り出して、簡単に綺麗な写真が撮れるけど、その時はわざわざフルサイズの一眼レフを持ち歩いてたんです。重たかった…。

 

そこからの数年間は、コンデジをコロコロと買い換えたように思います。どれも長続きしなくて、なにせすぐに新機種が出て、画質が大幅に向上して、また新機種を買う羽目になって。

だけど、その頃は、Nikonが好きだったのを覚えています。

 

おじいちゃんは、メーカーにこだわりがなくて、カメラそのものを愛していたようで、いろんなカメラを持ってました。今となってはそれがなんだったのかは全然覚えてないんだけど、日本メーカーと海外メーカーにこだわらず、本当にたくさんありましたね。あのLEICAのレンズはどこ行ったんだろう。

 

あ、こないだSNSかどっかにLEICAをREICAって書いた気がする。まあいいや。(そういうとこ突っ込まれる)

rawpixel / Pixabay

20代後半になって、仕事の仕方を悩んだ時期に、目立つ表方仕事だけ求めてはどうしても不安定で、ライター業のような裏方業務も始めようと思って、取材用にNikonの一眼レフを買ったのが二回目のカメラデビューでしたね。一回目のデビューは小学生の頃。ここからが趣味としてのスタートだと思います。

 

ただし、ルールを決めました、自分レギュレーション。

レンズ沼にハマっては、本来やるべきことが疎かになりそうで、フォトグラファーを目指すわけでもなくて、ライターに転身するわけでもなくて、かじりつつ仕事に活かすってちょうどいい塩梅で勉強を始めたかったので、予算の限界を決めるために、運用の仕方を先に決めておいたんです。

それが、「交換レンズは携行しない」ということでした。

 

これが正解。だって、沼にハマりたくてもハマれないんですからね(笑)

  • 荷物は最小限でいられる、予算がかからない。
  • 工夫して撮ることを覚えられた。

 

その後、Nikonのボディを二つ使って、レンズは二本、ちょっとだけアップグレードしながら取材先で雑誌記事用の写真を撮っていました。

動画の台頭でカメラのニーズも変化した件

時代が変われば、僕も変わりました。

 

元々は写真好きで、動画にはさほど興味がありませんでした。YouTubeができたときも、「誰が自分の動画をネットに投稿するんだろう」と思ってました。マニアックなマニア向けのサービスでしかないと思ってたんです。まさか自分が年間365本以上の動画を配信することになるとは想像もしませんでした(笑)正直に言えば、読みが甘かったですね。テレビや雑誌に固執した数年間、それよりもYouTubeに集中していたら…タラレバ!

そんなわけで、僕にとってのカメラは、REIVLOGの運営のために必要不可欠な機材です。趣味と勉強を兼ねて始めたユーチューバー活動で、動画を撮るためのカメラ選びをするようになりました。

 

あ、僕の動画機材紹介って記事を今度作ります!いま書いてて思いました、これからユーチューバーやモトブロガーになりたいひとの役に立てる!

なんでしたっけ、カメラのニーズって話ですよね。

 

動画で話すときもノープランの行き当たりばったりですが、文章も何も考えずに、事前に用意せずに挑む、フリースタイル。どうなんでしょう。

 

そう、で、動画向きのカメラを探し始めたわけです。なんの動画が撮りたいのかはある意味、ハッキリしてたんです。ユーチューバーな動画が撮りたい。だけど動画機材とか、ムービーカメラの知識はゼロ。

でも、僕にはYouTubeがあったんです。ひたすらYouTubeを観てみて、好きなユーチューバーが出来ました。すると、カメラの紹介をしてたんです。

 

同じものを買いました!(笑)

 

いやー、便利ですねー、YouTubeに答えが載ってるんですもの。同じカメラを買えば、同じことができるはずですから。テクニックやノウハウは後から身に付くから、まずは機材を揃えねばと。

 

最低限1080HDの60FPSが撮れるとか、いざとなれば4Kも撮れるとか、カメラボディ自体が小さいとか、ビットレートが低めとか、顔認識オートフォーカスに任せて楽できるとか、使ってから便利なところに気付いて、やっぱり先人の真似して正解だっと思いました。

 

Nikonファンだった僕がPanasonicを買うことになるとは思ってもみませんでしたが、映像の世界では超一流メーカーなんですよね。そう、言ってませんでした、PanasonicのGH4というカメラがREIVLOGのメインカメラです。コンデジすら買ったことなかったのに…。

そこから今度はSONYが欲しくなるとは、これも想像してませんでした。男はNikonかCanonだろ!と思ってたのに、SONYのカメラにプロ臭やガチっぽさを感じる日が来るとは…きっと視界が開けたんですね。

そんなわけで、僕のおじいちゃんが、どちらもほとんど持っていなかったので、僕にとっては、「なし」寄りの選択肢だったんです。これからも、その時にいいものを選べたらいいなと思います。

文字数多くてまとまらなくなってきた、大丈夫?

大丈夫じゃないです!

動画で毎日話す練習はしてるけど、それのおかげで動画出演の仕事ばっかり増えて、原稿執筆の仕事はほぼゼロだから文章力の低下が半端ない!(語彙力)

ミラーレス一眼以外にも、アクションカムも使うし、もちろんiPhoneも大活躍ですし、日々たくさんの映像機器と遊んでます。そんな話はまた今度にして、そもそもなんでこの記事を書こうと思ったかと言いますと、愛用のレンズをいつどこで買ったんだっけと思ったら、バッチリYouTubeに履歴がありましたよね。毎日やってると日記がわりで便利!

これがその日の動画です、是非ご覧になってください。

 

-YouTube, ガジェット, バイク

Copyright© REIVLOGのREIBLOG , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.