YouTube ウェア

ヘルメットの細かい感想、CLASSIC MOD

投稿日:

フルフェイスしか被らなかった男が、今更ながらオープンフェイスに恋をする物語。

Arai CLASSIC MODというヘルメット

これ知ってます?

多分、アメリカンやクルーザー、それにクラシック系のユーザーには当たり前のモデルだと思います。

 

やっす!!
って思っちゃいました。このソリッドは、RX-7Xのグラフィックモデルの半額ですからね、どっちから入るかで、感じることはそれぞれでしょうね。

いつでもなんでもどこでもRX-7Xが大好きな僕ですが、ちょっと違うヘルメットもかぶってみたいなー、バリエーションが欲しいなー、となんとなく思いまして、これを借りてきました。

 

これが実に、いいではないか。

なんでフルフェイスにこだわってたんだろう!

 

いや、そりゃ安全性で言えば、フルフェイスには遠く及ばないわけで、いわばこれは雰囲気系ですよ。お洒落な感じで。真逆と言ってもいいかもしれない。

かぶってみた、走ってみた、感想

うん、軽い、風通し抜群、いいじゃんいいじゃんって感じ。

軽い、をもっと詳しく

重量的には軽くて首は楽なんだけど、オープンフェイスなだけあってシールドをつけると風を巻き込むし、空気の壁にぶち当たっていく感覚。

ちっこいんだけど、空力的にはやっぱりRX-7Xってすごいんだねぇ、感心。

ただ、軽さと帽体の薄っぺらさが相まって、とにかく気軽にパッとかぶれる。仰々しさがない、これが気に入ったところです。

風通し、をもっと詳しく

フルフェイスに比べれば、オープンカーのような爽快感。顎や頬を撫でる風が気持ち良いです、ただしごく低速のみ。スピードを上げると、風で目がしんどい、これで高速道路は、僕はない。

ここはトレードオフの関係で、僕は街乗りではとてもいいものだと感じましたね。すごく好き。欲しい。

欠点は、これはRX-7Xなどのタイプと比較した話で、頭頂部や耳元へとのベンチレーションがないので、すごく蒸れます。RX-7Xのダクト類がそれだけ仕事をしてくれていたということを再確認できた、というめっけもんがありました。

オープンフェイスが好きになった

これはVZ-RAM、オープンフェイスのフラッグシップ。なにげに広告に出演しております。

こっちだと、安全性も快適性も超レベルアップするわけですが、CLASSIC MODに気軽さはそれはそれで際立ってるんですよね。

パソコンのブラウザで見ると、でかいREIが登場します。

これはパリの街並みかな。

アライヘルメットが海外に打って出たときにはさぞかし苦労があったのでは、なんて思っていたら、海外で商売するつもりはなかったんだけど、品質が高すぎてプロライダーの口コミだけで、どうしても売って欲しいという声があちこちから出ちゃったから、海外でも販売することにしたと。

このRAMというシリーズ、元々は東京の街を綺麗にしたくて作られたそうなんですよ。その綺麗ってどういうことかと言いますと、事故のない街、ということ。アライにできることは、安全性を高めて、人を死なせない、ということですよね。

その後、世界の街も綺麗にしていったわけですね。海外では二倍近い定価になってますから、大抵ガラスケースに入っているそうです。意識の高い、きちんとした人しか買えない高級品、いつかは買えるようになろうなんて思う人もいるかもしれませんね。

そんなアライは、日本では安く買えますから、ちゃんとしたヘルメットをかぶりましょうね。命はひとつしかありませんから。

 

僕はスタイルによってヘルメットの形を変えたいんだけど、アライしかかぶりません。アライが僕を選んだのではなくて、僕がアライを選んだんです。ここ重要。お金を積んでくれるようなオファーはたまにありますが、僕の命、高いんですよ。妻と子とペットの鳥も乗っかってますから。

 

と鼻息荒めのブログですが、あんまりオープンフェイスかぶったことないのにVZ-RAMの広告に出てるんですよね…。CLASSIC MODのおかげでオープンフェイスが好きになったから、VZ-RAMもかぶってみようと思いました。

というブログでした。

https://youtu.be/KcD_jA6nEjA

-YouTube, ウェア

Copyright© REIVLOGのREIBLOG , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.