ガジェット

こういう写真が簡単に撮れちゃう方法

更新日:

雲と光がちょうど好みでしたので、この方角に向かって走れる首都高の路線を選びました。

夕景の首都高

アクションカムの使い道

一台は持っておくと便利で、いろんな使い方ができますから、スマホのカメラでも十分だけども、これはバリエーションを増やすオモチャとしてとても楽しいと思います。

何もスカイダイビングやサーフィンのためだけのカメラじゃないんです。

細かいけど、広角すぎない方が、あとで使い勝手の良い写真になりやすいです。

僕がオススメしているアクションカムはこちら

SONY FDR-X3000というものです。愛用して二年目とまだ日は浅いですが、僕のYouTube活動には必要不可欠なカメラで、毎日は使いませんが、毎週確実に使うものです。

GoProを推さない理由は、ブレ補正の性能に差があるからです。SONYには、空間光学ブレ補正があるからです。

SONYの空間光学ブレ補正の凄さ

仕組みを簡単に説明しておくと、カメラボディの中でレンズがウニウニ動いでブレを打ち消すんです。これが異次元のレベルで、他社のブレ補正はレベルが違うどころかジャンルが違うので比較対象にできません。バイクやヘルメットにカメラをつける場合、大抵は振動がありますし、ダイナミックな動きをするスポーツなだけに、どうしてもカメラがブレがちになってしまいますが、SONYなら大丈夫です。

このふたつのプレイリストの動画を見ていただければ、説明不要でしょう。特にオフロードでのブレの少なさ。

だから私は、Xperia。

 

間違えた。

だから僕はSONYを使っています。

 

画質のキレイさも素晴らしいのはもちろんですが、ブレていたら画質も何もないので、まずはブレないことが大事です。

画質のかっこよさでいうと、GoProの個性的な色味や雰囲気も素敵ですが、ある程度はSONYでも絵作りの範囲内なので、よほど「来ないで!GoProの色味じゃなきゃダメなの!飛び降りるわよ!本気なんだから!」というシーンでなければ、SONYにしましょう。

 

これはマニアックなニーズですが、音も録りたいのであれば、GoProはオススメできません。内蔵マイクで比べればSONY、後付けマイクの汎用性や使いやすさでもSONY。GoProの場合はマイクを挿すのにアダプタが必要で、それが大きくて、しかもRECが不安定で信頼できません。かっこいい画の代償は、ブレ補正の弱さ(個性的でいいけども)と、音の録りにくさです。

それでこの写真はどうやって撮ったの?

FDR-X3000で1080HDでムービーを撮って、編集ソフトで切り出しました。スチール写真も撮れるのですが、ムービーで撮りっぱなしにしておいて、後で自分なりの決定的瞬間を切り出す方が簡単です。まあ、両手がハンドルにあるということもありますし。(FDR-X3000Rってリモコン付きのパッケージもありマス)

4Kにも対応してますから、4Kで撮っておけばもっとキレイに切り出せますよね。

 

JPEG撮って出し以下の環境で、このきれいさ、いいでしょう?

-ガジェット
-, , , , , , ,

Copyright© REIVLOGのREIBLOG , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.