ガジェット 日記

カメラを持ち運ばなくなる理由

更新日:

こんなのが簡単に撮れちゃうんですよ、iPhoneのポートレートモードで…。

世界一のカメラ

販売台数で言っても、日々撮られている枚数で言っても、実質で言っても、iPhoneが世界一のカメラでしょう。

ポケットからサッと出して、ポチッと撮れちゃう感じ、それがいいんですよね。普通は急に一眼レフのでかいボディに長いレンズが付いているような威圧感のあるカメラを向けられると緊張しちゃいますから。はにかんじゃったり気取っちゃったり。

そんな仰々しさとは無縁のスマホのカメラ、これが十分にきれいな写真を撮れちゃうんですよね。

迫力のあるカメラ

これが僕の愛用のカメラたちです。

左から、PANASONICのGH4。現行機はこちら。

右にあるのが、SONYのRX100M4。併売だけど、最新モデルはこちら。

この二台が毎日更新のREIVLOGを支えてくれているわけで、本当に大事な機械です。

 

ところがですね、この二台はスチールカメラと言うよりもムービーカメラとして使っているので、静止画をパッと撮りたい時はiPhoneの方が多く出動します。というのも、iPhoneはいつもポケットに入ってますからね。

iPhoneじゃ撮れないものがあって、そういう時だけこの二台の出番。それが音を録ることも大事な、ムービーなんですね。高性能な外部マイクをつけたり。

あと、これはよく分かってなくて言っちゃう話なんですが、どうもiPhoneのムービーファイルって、実際の長さからちょっとズレちゃうことがあって…。例えば別録りしたトーク音声を編集ソフトで動画ファイルとシンクさせようとすると、スタート地点では合っていてもある程度の時間が進むとだんだん声と口がズレてくることがあって…。

 

動画の画質だけでは言えば、光の条件が良い時はiPhoneで十分です、4Kも撮れますしね。広角から望遠まで自在にシーンを作りたいとなると、レンズ交換式カメラがいいわけで、理想でいえば、全部GH4で撮りたいです。レンズ含めて気に入って愛用してるカメラですから。パナライカレンズの暖かくて立体的な描写が大好きなんです。SONYのパキッとした感じも好きですが、次のメインカメラを買う時はどうしましょうかね。α7方面が気になってます。。。

スポンサーリンク

カメラが好きなのに、持ち歩かなくなる

カメラで何かを撮影することも好きですが、カメラを触るだけでも好きだし、見るだけでも好きです。今はYouTuber活動が仕事の軸の一つとして堅くなっちゃってるので、なるべく趣味性は排除して道具として側面に注視したいところですが、そもそも好きじゃなきゃやってない活動なので、そこまで割り切れておらず、定期的新しいカメラが気になっちゃいます。

ただ、iPhoneでどんなシーンでも自在に撮れるようになっちゃったら、大きなボディのカメラは確実に携帯しませんね。言うても、撮れることが大事なので。

カメラにスチールカメラ機能を全く求めない、という割り切りはできるようになりました。フォトグラファーよりもビデオグラファーとしての動きをするので、とにかくムービーを満足に撮りたい。iPhoneは、そこだけがちょっと足りてないんです。そこんとこ、残念でかわいい。

未完成でも可能性があるから惹かれる、そういうことってありませんか?

 

ちょっと話は変わりますが、ダメなバイクって完全にダメですかね。僕はダメでも好きなバイクがありますし、良いのに嫌いなバイクもあります。バイクはタイヤが付いていてエンジンがかかる時点ですでに本来の目的を果たすための機能は足りているのに、そこにさらにパフォーマンスとかテイストやフィールを求めちゃうんですよね。

なんでもいいんだけど、選べるなら選んじゃう。

いいですね、こういう生きていく上で無駄な行為って最高だと思います。余計なほど、面白いもの。

エンターテインメントを生業にしているので、僕は特にそういう必要のないものが、めっちゃくちゃ必要です。

 

Apple Watchにカメラがついて、iPhoneXくらい撮れちゃえばいいのに。そしたらiPhoneをなしにして、iPadでネットサーフィンしたい。Apple Watchで動画まで撮れて、iPadのAIかなんかで自動編集して、もっともっと動画を配信できたら、さらに面白くなっちゃいますね。

 

 

よくカメラの質問をいただくので、固定ページに記事を追加しました。

REIVLOGの撮影機材

-ガジェット, 日記

Copyright© REIVLOGのREIBLOG , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.