ガジェット 日記

iPhone XS MAXがキタMAX

更新日:

僕はiPhone XS MAX を選んだ

初めてのデカiPhone!

でかいにもほどがある!!

と思ったのは、この開封の瞬間だけで、結論から言っちゃうと、一定の人にとっては、MAXがむしろSTDで、XSはエクストラスモールということになります。

 

スポンサーリンク

 

それでは箱の中身を見ていきたいと思います(YouTuber風

helloって書いてよ!

日本語かい!

はい、こんにちは、あらあら、遠いところから来なすって…。

 

 

異物混入に気付いたあなたは、モタスポファンですね。

左から、iPhone XS MAX、iPhone X、iPhone7。

僕のこれまでの二年間とこれからの一年間を象徴する、毎日肌身離さず共に生きた端末です。

まだちょっと大きさには慣れてないんだけど、ケースをつけ終わる頃にはもう慣れてました。

体が大きいし、その分で手もちょっと大きいからかも。

女の子が巨大なiPhoneを持ってるとかわいいなーと思うんだけど、あざといなーとも思ってしまうのは、きっと僕がスケべだからです、すみません。

ちなみに、XとXS、つまり新旧の見分け方は、この左下の実線の有無です。アンテナなんだけど、線が入っているのがXS。

 

スポンサーリンク

 

早速ケースに入れてみよう!

REIVLOGですでに紹介済みの純正ケース、X時代はシリコンのレッド、XS MAXはレザーのケープコッドブルーにしました!

復元、頑張ってくれー。

流石にもうApertureが絶不調で、騙し騙し使ってたのもいよいよ考えないと、そもそも同期ができなくなっちゃった…。これまでの万単位の写真データが…。

 

そんな不安はあれど、でかい画面が快適そのもの!なんで今までPlusにしなかったんだろうと、コロリ。

 

スポンサーリンク

 

純正にしといてよかった(笑)

-ガジェット, 日記
-, , , ,

Copyright© REIVLOGのREIBLOG , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.